×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






悪魔の発明

偉大な発明家トマ・ロック博士のロック式電光弾は恐怖の発明であった。
厳重な警戒にもかかわらず、博士は海賊ケル・カラージュの手に奪われた。
大西洋諸国は連合艦隊を編成してカラージュの根拠地へ向かったが……。
正確な科学知識の裏付けをもって描く卓抜な想像力と驚くべき未来予見。
原子力兵器ミサイルをも予知した傑作。
朝子と慧一は湘南の暴走族「ブラック・リベンジャー」の仲間同士。
そして誰もが一目置く恋人同士だった。
男と同等に走り続けてきた朝子。
しかし事故をきっかけに慧一は仲間の解散を決心。
それをきっかけに朝子は東京へと旅立って…!! 青春のほとばしる情熱を描いたラブ・ストーリー!湘南に戻り、謎の人物に度々襲われる朝子をいつも救ってくれるのは慧一だった。
朝子は敏樹への想いを引きずりながらも、再び慧一に惹かれ始める。
そんな中、事件は意外な方向へと急展開を迎える…!! 湘南の海を中心に繰り広げられるハードボイルド・ラブストーリー、完結編!! 気弱でドジだけど、ようやく就職し念願のひとり暮しも始めた。
そんな社会人一年生の友二……最大の悩みは……自分の会社の若社長、灘町に見初められ、突然呼び出された社長室で強引に身体を奪われたうえ、日々口説かれ続けていること!? そればかりか今度は灘町の幼馴染みの警察官、 院内にまで……!  壮絶社内セクハラ・ラブコメ!  イラスト:花輪ちひろアパートのむしぶろのような部屋で寝ていたある男。
悪夢にうなされて目覚めると、体が巨大化していた――!! 身長10メートルとなったその男は、わけもわからず、泣いてばかりいた。
突然こんな事になって、嘆かずにいられる人間があろうか。
巨人獣と人々から呼ばれ、男は国民の同情を集めたが…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008183