×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハートキャッチいずみちゃん(8)

いずみちゃんと菊丸くんが銀行にいるとき、銀行強盗が入ってきた! 窓口のお姉さんと、いずみちゃんと菊丸くんは人質にとられてしまった。
三人とも下着姿で手足を縛られて、大ピンチなのに、菊丸くんだけ何だかうれしそう!? 三人は力を合わせて脱出しようと作戦をたてる。
菊丸くんの脱出作戦、果たして成功するか!?スキーに来たいずみちゃんたちご一行。
でも、何だかいずみちゃんはご機嫌ナナメ!? 菊丸くんのせいでびしょぬれになってしまったからだ。
濡れた服を乾かすため山小屋に入ったら、雪崩が起きて閉じ込められてしまう! 何とか抜け出したけど、ロッジに戻るため、菊丸くんが考えたスキーの新捜査法はとってもエッチで…!?九連山の跡取りとして、世界各国で留学し、25ヶ国語をマスターしてあらゆる教育を受けた霊子。
でも、親元から離れたところで、自分の力を試したい! 単身上京した霊子は、某出版社で働き始める。
霊子の超能力と、世間知らずぶりで編集部は大騒ぎ! はりきって働くものの、なかなか下界修行も厳しくて…!?はりきって働き始めた霊子だったが、何とハンサムな編集長・出雲に恋をしてしまった…! 派遣された彼女のボディガード・布施はあせりまくるけど、こればっかりは仕方ない。
出雲と元妻である緑子の絆を目の当たりにして、自信を失う霊子だったが、想いは止められない。
酔った勢いで出雲にアプローチするが…!?「浪人」「浪人」といわれるたびに、「ビリ」「ビリ」とののしられた6歳のころの屈辱がよみがえる。
スポーツマンで頭もよくてかっこいい、なんて言われていたけど、大学に全部すべって、何もかもに自信がない6歳の頃に逆行してしまった。
弱虫でカッコ悪い自分。
浪人生タケルの憂鬱の日々は過ぎて行く――。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60012239



menu