×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

関東平野(4)

銀子が東京にやってきた。
持ち前の才能でゲイ・バーに勤め出した銀子。
念願かなってプロのイラストレーターとなったものの、まだ、何をどう描いていいのかわからない金太。
迷いとあせり、そして将来への不安――。
恋人・今日子との決別、幼なじみ・銀子との別れ。
独りぼっちで自らの道を歩み始める金太の眼に遠く幼い日の風景が涙ににじむ。
感動の終章!英国貴族レックスフォード家の令嬢であり、世界で唯一の女性F1レーサーでもあるレディ・エリザベス。
彼女の行く先々では奇怪な殺人事件が次々に起こる。
そんな中、エリザの過去を知る警視庁の頼方が彼女の身辺警護に付くことになる。
エリザを守ることが自分の仕事だと思っていた幼きころの思い出に浸る頼方。
一方、エリザはすべての過去を消そうとしていた。
彼女が命をかけてでも消そうとしていた過去。
一体そこに何があったのか…。
感動のロマンミステリー。
ある朝、豪華な部屋のベッドで目覚めたら、平凡な女子高生だったはずの弓子は、まったくの別人一條麻那美になっていた!わたしは一体誰なの?錯乱状態に陥る麻那美のまわりでは、次から次に奇怪な殺人事件が起こる。
事件の犯人とされたのは麻那美。
彼女が眠ったりして意識を失うと殺人鬼に変貌すると言われるのだが…。
婚約者を名乗る夏樹と突然現れたなぞの男信也。
一條家と姉小路財閥の黒い関係の中で悪夢を見つづけた彼女だったが、やがてすべての謎が明らかになる。
女の必修科目を一通り終え、バカもやって若さを満喫した菜摘は、高校卒業と同時に生真面目な男とお見合い結婚をし、安泰な人生を送ろうとしていた。
ところがある日、夫が賭け麻雀で負け、150万円もの借金を作ってしまう。
マザコン夫は母親にお金を工面してもらうこともできず、菜摘が借金のかたにとられることに。
しかし菜摘は、お金を取り返しにいったその先で出会ったヤクザに惚れこみ、夫のことを忘れてしまう。
一方夫は、帰らぬ菜摘を必死に取り戻そうとする。
売れない小説家、まるみ先生。
そんな先生に与えられる仕事といえばゴーストライターの仕事ばかり。
本名で仕事をすることがなかなかできないまるみ先生を常に応援し、支えてくれるのが編集記者の阿部くん。
彼の力添えによってまるみ先生はやっと本名で発表できる連載にたどりつく。
それはお見合い体験レポート。
 ゴーストのお見合いをし、「あなたもう恋愛結婚あきらめたら?」という作品を書いたのだが、作品は結局ボツに。
気力を無くしたまるみ先生は本気のお見合いをする。
そのお見合いに現れたのは・・・。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007334