×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


西遊記天の巻を考える

西遊記天の巻

天界の官位に不満の悟空は、72変化の術を駆使して大暴れ。
窮した玉帝は、釈迦如来に悟空退治をお願いするが・・・。
天衣無縫、奇想天外、天馬空を行く「西遊記」の物語世界を、俊英藤原カムイが、構想10年、満を持して描き下ろすオールカラーコミック。
ご存知、無敵の孫悟空が巌に閉じ込められるまでのお話。
あくまでも原典に忠実に、天衣無縫の「西遊記」の物語世界を、俊英 藤原カムイが描き下ろすオールカラーコミック第3弾。
「地の巻」「天の巻」に引き続き、今回の「悟の巻」でもスーパーヒーロー孫悟空が大活躍!そしていよいよ三蔵法師、猪八戒、沙悟浄が登場し、はるか天竺への長い長い取経の旅がはじまるのだった・・・。
ファン待望の最新刊、いよいよ発売!ほんとの幸せってなんだろう?少年時代から賢治ワールドに魅了され、20年間の長きにわたってコミック化を構想し続けた、漫画家永島慎二入魂のオール・カラー描き下し!宮沢賢治生誕百年記念出版。
大学の小使から小金をためて高利貸になった末造は古女房にあきたらず、おとなしい娘お玉を妾にした。
お玉は父親に楽をさせたいばかりに我慢していたが男の因業な職業を知って心は離れるばかり。
やがて散歩の道すがら家の前を通る大学生に思いをよせてゆく。
作家鴎外の手腕を見事に示した哀感溢れる中篇。
『阿部一族』は殉死の問題を取り扱った作品で、封建制のもとでの武士道の意地が、人間性をぎりぎりにまで圧迫して、ついにはその破滅に至らせる経緯を、簡潔な迫力ある筆で描いた歴史小説の傑作。
他に鴎外の初期歴史小説の代表作『興津弥五右衛門の遺書』『佐橋甚五郎』の二編を収める。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000147



Copyright © 2009 西遊記天の巻を考える All rights reserved